会社概要

経営基本方針

  • 一、 誠実と信頼を基とし、堅実経営を貫く
  • ニ、 時代の変化に適応する経営の革新を推進する
  • 三、 基本を忠実に実行する

【品質方針】 ISO9001

当社は、施設用各種ランプと器具の設計,開発及び製造,営業活動を行うメーカーとして製品の品質を向上させることでお客様の満足度を向上させること、顧客に満足と信頼を得る製品の設計・開発・製造およびサービスの提供を行い、品質マネジメントシステムの向上、人材の育成を通して、照明業界トップレベルの品質提供を目指します。

  1. 施設用・各種ランプと器具の設計,開発及び製造,営業活動およびサービスの提供を通して顧客満足を実現する品質マネジメントシステムを構築し、維持するとともに、全員で取組み、継続的な改善・向上を図ります。
  2. 適用される法的及びその他の要求事項を順守し、自主基準を設定するなどし、品質の向上に努めて行きます。
  3. この品質方針達成のため、品質目標を設定し、実施し、見直すことにより、品質の向上を図ります。
    • (1)お客様の求める製品特性を満足する製品の設計開発、製造を進め、お客様の求める環境性能や、安全性などについても配慮した製品の設計開発に努めます。
    • (2)顧客満足度の向上のための目標値を設定し、これを達成するように日々の活動を行うこと、および定期的に見直しをして、継続的改善に結びつけます。
    • (3)設備の維持管理の徹底と、改善を行い、日常的に品質の向上を図れるようにします。
    • (4)QCD(品質・コスト・納期)をお客様の求めるものに最大限近づけることができるよう、日々努力をしながら活動をし、継続的改善をします。
  4. 省ライン®をはじめとする省エネ・省資源タイプの高効率蛍光灯(Hf)やLED照明を設計開発し、拡販することでお客様の満足度の向上に寄与します。
  5. 社員は、各自の日常業務について、認識と自覚を持って取り組み、日々自己研鑽を行います。
  6. 社内外のコミュニケーションを図るとともに、利害関係者との協調連携を図ります。
  7. 品質活動の実行にあたり、適切な経営資源を投入します。
  8. 以上の事柄が継続的に妥当であるか、マネジメントレビューの際に見直し、必要な改善策を実施します。

改訂:2014年 6月30日

−この環境方針は社内外に公開する−
プリンス電機株式会社 代表取締役社長 寺嶋 之朗

【環境方針】ISO14001

当社は、施設用各種ランプと器具の設計,開発及び製造,営業活動を行うメーカーとして環境に配慮した事業活動の推進及び環境配慮型製品の顧客への提供を通じて、社会に貢献することを目指します。 そして、環境保全への取組みを会社経営の最重要課題の一つとして位置づけ 『"かけがえのない地球"環境を健全な状態で次世代に引き継いでいくことは我々の基本責務』 との認識に立って行動します。

  1. 事業活動及び製品・サービスが環境に与える影響を的確に捉えて、環境マネジメントシステムを構築し、維持するとともに技術的、経済的に可能な範囲で、全員で取組み、継続的な改善・向上を図ります。
  2. 環境関連法規、条例及びその他の要求事項を順守することはもとより、自主管理基準を定めて地球環境の汚染防止に努めます。
  3. この環境方針達成のため、環境目的・目標を設定し、実施し、見直すことにより、環境負荷の低減を図ります。
    • (1)ランプ及び照明製品の設計開発・製造に関し、省資源、省エネルギー、リサイクル性など環境に配慮した製品設計、製造技術の開発を推進します。
    • (2)地球温暖化と資源枯渇を防止するため、省エネルギーを推進します。
    • (3)豊かな自然環境を維持し、限りある天然資源を守るために、歩留りの向上を図るとともに、廃棄物の分別管理を徹底し、廃棄物の削減および再資源化に取り組みます。
    • (4)設備の維持管理の徹底と改善を行い、排水・騒音など環境に与える影響を最小限にします。また汚染の予防事故の防止に努めます。
    • (5)環境に負荷を与える化学物質の使用を削減し、代替材料への転換等を検討します。
  4. 省ライン®をはじめとした省エネ・省資源タイプの高効率蛍光灯(Hf)やLED照明 を拡販する事で省エネルギーに寄与します。
  5. 社員は、各自の日常的な業務及び環境に対する活動―特に著しい環境側面を伴う作業―に対し、認識と自覚を持って参画し、日々自己研鑽を行います。
  6. 取引先とのコミュニケーションを図るとともに、地域・社会との協調連帯を図ります。
  7. 環境活動の実行にあたり、適切な経営資源を投入します。
  8. 以上の事柄が継続的に妥当であるか、マネジメントレビューの際に見直し、必要な改善策を実施します。

改訂:2014年 6月30日

−この環境方針は社内外に公開する−
プリンス電機株式会社 代表取締役社長 寺嶋 之朗

【労働安全衛生方針】
〜健康で安全な職場環境確保のために〜  OHSAS18001

当社は、施設用各種ランプと器具の設計,開発及び製造,営業活動を行うメーカーとして労働安全衛生に配慮した製造・販売活動を行います。
労働安全衛生マネジメントシステムを会社経営の最重要課題の一つと位置付け、OHSAS18001:2007の仕組みに沿って行い、健康の増進、労働安全衛生リスクの低減、 労働安全衛生マネジメントシステムのパフォーマンスの向上に努めます。

  1. プリンス電機株式会社で働くすべての人が健康で安全に働けるよう、負傷及び病的健康状態の予防に努めます。
  2. プリンス電機株式会社で働くすべての人に『安全で快適な職場環境を提供する』ため、事業活動の中に存在する危険源を確実に捉え、評価し改善を行い、労働安全衛生マネジメントシステムを構築します。またそれを維持し、継続的な改善を行い、無事故、無災害の実現を目指します。
  3. 労働安全衛生マネジメントシステムはすべての労働安全衛生活動に適用し『One for All』『All for One』の精神をもち、良好なコミュニケーションを維持し、社員全員が一丸となってこの活動に取り組みます。
  4. 労働安全衛生関連法規制、条例、その他の要求事項を順守し、事故・災害の防止に努めます。
  5. この労働安全衛生方針達成のため、労働安全衛生目的・目標を設定し、定期的に見直します。これらを行うことにより労働安全衛生マネジメントシステムのパフォーマンス向上を図ります。
    • (1)社員からの労働安全衛生に関する意見・苦情を幅広く聞き、向上・改善に努めます。
    • (2)設備の維持管理の徹底と改善を行い、労働安全衛生に関わる有意なリスクの低減を図り、事故防止に努めます。
    • (3)労働安全衛生に影響する化学物質の使用を削減し、代替材料への転換を検討します。
  6. 社員(協力会社等を含む)への必要かつ充分な教育訓練を行い、協力会社等への指導・支援を行うと共に、地域社会との協調連帯を図ります。また、社員は、各自の日常業務について、認識と自覚を持って取り組み、日々自己研鑽を行います。
  7. 労働安全衛生活動の実行にあたり、適切な経営資源を投入します。
  8. 以上の事柄が継続的に妥当であるか、マネジメントレビューの際に見直し、必要な改善策を実施します。

改訂:2014年 6月30日

−この労働安全衛生方針は社内外に公開する−
プリンス電機株式会社 代表取締役社長 寺嶋 之朗

【CSR方針】

当社は、施設用各種ランプと器具の設計,開発及び製造,営業活動を行うメーカーとして、製品の製造及び販売活動、関連商品の販売活動を行うに当たり、経営基本方針を基礎とし、地域・社会に貢献することを企業の社会的責任(CSR)と位置づけた事業活動を行います。
実行に当たっては、公益財団法人横浜企業経営支援財団より認定を受け、2年毎に更新審査を受けている「横浜型地域貢献企業認定規格」をもとにCSRマネジメントシステムを構築・運用管理します。

  1. 方針管理により目的や目標を設定し、これを達成することで具体的な地域・社会貢献につなげます。
  2. 事業のノウハウやスキルを活用し、ステーク・ホルダーと協働することで地域・社会に貢献します。
  3. 品質マネジメントシステム(ISO9001)を構築・運用管理することで、顧客要求事項を満たす製品を作り、販売活動を行い、安全で安心な製品を提供する社会創りに貢献します。
  4. 環境マネジメントシステム(ISO14001)を構築・運用管理することで、環境配慮型製品開発や販売、及び、社内外の環境啓発活動を通して、低炭素社会の実現に貢献します。
  5. 労働安全衛生マネジメントシステム(OHSAS18001)を構築・運用管理することで、社員及び協力会社などに健康で安全な職場環境を提供します。
  6. 適正な製品作り・販売、地域の雇用、財務・業績(納税)等の直接及び間接部門における事業活動において、法的及びその他の要求事項を順守することで、地域・社会、所轄官庁等に対して社会的責任を果たします。
  7. 社員(協力会社等を含む)への教育訓練を行い、協力会社等への指導や支援を行うと共に、地域・社会との協調連帯を図り、社会へ相乗効果を生み出すCSR活動にしていきます。
  8. 当社のCSRマネジメントシステムの実行に当たっては、適切な経営資源を投入します。

発行:2008年9月1日,改訂:2016年4月1日

−このCSR方針は社内外に公開する−
プリンス電機株式会社 代表取締役社長 寺嶋 之朗