「横浜価値組企業」に認定

プレスリリース:2007年9月10日

横浜市、民との協働で横浜型知的財産戦略
知財活用の「 横浜価値組企業 」第一回 認定される! 


 


  プリンス電機株式会社(本社:横浜市鶴見区、社長:寺嶋之朗)は、2007年8月29日(水)に横浜市西区の横浜市長公舎で行なわれた第一回「横浜価値組企業」認定証授与式において、横浜市野田副市長より「横浜価値組企業」の認定証を授与されました。


  プリンス電機株式会社は、横浜市が初の取り組みとして実施した、知的財産を活かした経営に対する取組を評価・格付け「横浜価値組企業」に応募、第一次審査の書類審査を経て、第二次審査のヒヤリング審査を受けたところ、「成長性・将来性が非常に高い。知的財産(価値)を戦略的に生み、守り、活用している企業であって、知的財産が企業経営に反映している。」との評価をされ、7段階の格付けの上位2番目、「AA(ダブルA)」ランクで「横浜価値組企業」の認定を受けた。
  特に長年に蓄積した独自のノウハウを活かした開発と知的財産の活用においては高い評価を受け、ISO9001・ISO14001・OHSAS18001の認証取得と活用での管理体制は、知的財産の創造・活用を通して企業の事業展開・メーカーブランド確立等の要素から企業発展の可能性が高いと評価された。


  横浜市は、民との協働で「横浜型知的財産戦略」を策定し、優れた技術力やノウハウを持つ市内企業がこれまで培ってきた特許や商標など知的財産を活用してさらに付加価値の高い製品やサービスを生み出し、世界を舞台に活躍するグローバル企業に成長・発展することを支援・促進している。
  今回、その一貫として初の「横浜価値組企業」認定が実施された。権利化された知的財産(出願中含む)を保有する市内の中小企業および中堅企業(資本金10億円以下あるいは従業員500人以下)を対象に、「横浜型知的財産戦略」の推進組織として、横浜市と知的財産の評価で実績のある金融機関、市内企業等が共同出資し設立された(株)知財マネジメント支援機構(IPMAX)による横浜価値組企業の評価・格付けを実施した。企業の特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権などの知的財産の活用状況(経営体制、製品の優位性、販売・営業力など)を客観的に評価し、AAA~Cまで7段階で格付けをした結果、BBB以上の企業を横浜市が「横浜価値組企業」として認定する制度で、評価方法は次の5つの評価項目での評価を基に総合評価として格付け評価が行なわれた。
  1.知的財産の創造:経営における知的財産の位置付け、知的財産サイクル(知的財産を生み、守り、活かす取り組み)、先行技術調査の取り組み。2.知的財産の活用:知的財産の保有状況、知的財産の実施化、知的財産管理について。3.経営・経営者の資質:経営戦略、経営企画、経営管理体制(組織)、経営者の資質や経営方針等について。4.製品・サービス:優位性、技術力、生産、サービス体制等について。販売・営業力・資金関係:販促、営業活動、営業体制、人材、資金計画について。


 


【参考】横浜市知財活用評価・格付け について
● 対象企業
中小企業および中堅企業(資本金10億円以下あるいは、従業員500人以下)で、次のいずれにも該当する企業。
横浜市内に本社・事業所があること。 市内で1年以上継続して事業を営んでいること。
市税を納付していること。 出願中または権利化された知的財産を保有していること。
● 申請のメリット
1 格付けの取得費用は全額横浜市が負担します。
2 自社の知財経営に対する取り組みが格付けにより客観的に評価され、今後の知財経営戦略の策定に役立ちます。
● 評価・格付けの基準


    |格付|                                    定義
---------------------------------------------------------------------------------------------
    |AAA|成長性・将来性が最も高い。知的財産(価値)を戦略的に生み、守り、活用している企業であって、知的
横 |      |財産が事業収益の拡大に寄与している。
浜 ------------------------------------------------------------------------------------------
価 | AA |成長性・将来性が非常に高い。知的財産(価値)を戦略的に生み、守り、活用している企業であって、知
値 |      |的財産が企業経営に反映している。
組-------------------------------------------------------------------------------------------
企 |  A  |成長性・将来性が高い。知的財産(価値)を戦略的に生み、守り、活用している企業である。
業 ------------------------------------------------------------------------------------------
    |BBB|成長性・将来性は平均よりもやや高い。知的財産(価値)を生み、守り、活用している企業である。
---------------------------------------------------------------------------------------------
    | BB |成長性・将来性は平均的である。知的財産(価値)の活用が部分的である。
    |  B  |成長性・将来性は平均的よりもやや低い。知的財産(価値)の活用が不十分である。
    |  C  |成長性・将来性は低い。知的財産(価値)の活用ができていない。





  • ●「横浜価値組企業」認定とは
    特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権などの知的財産を活かした経営に対する取り組みを評価し、企業の実力を「AAA(トリプルA)」から「C」までの7段階で格付けし、成長性・将来性が平均を超える「AAA」から「BBB(トリプルB)」までの4段階を「横浜価値組企業」に認定します。
    ● 横浜価値組企業に対する主な支援
    1 金融支援(金融機関等の審査あり)
    横浜市中小企業融資「成長支援資金」による設備・運転資金の低利融資(年利2.1%以内、融資期間10年間、限度額2億円、保証料率0.50~2.20%、「AAA」評価の認定を受けた企業に対しては、保証料率の2分の1を助成します。)
    2 横浜市ホームページや各種広報媒体を活用した広報
    企業のPRになり、信用力が高まります。
    ● 横浜価値組企業の有効期間
    認定後1年間とします。
    ● 格付け評価実施企業
    (株)知財マネジメント支援機構(IPMAX) URL: http://www.ipmax.jp/
    「横浜型知的財産戦略」の推進組織として、横浜市、知的財産の評価で実績のある企業、金融機関、市内企業等が共同出資し、中小企業および中堅企業の知的財産を活かした企業経営の支援を目的として設立した会社です。
     横浜市担当 経済観光局 経営・創業支援課




  • ◆リリースに関する報道関係者様お問い合せ先◆
    企画業務部 企画課
    TEL:045-501-4752 FAX:045-501-4730
    E-mail アドレス:kikakuka@prince-d.co.jp




  •  




  • ※本資料を記事としてご掲載いただきました際は、誠に恐縮ですが、掲載紙・誌、記事のコピーまたはURLを上記までご送付・ご連絡くださいますようお願い申し上げます。




Copyright(C) 1999-2022, Prince Electric Co.,LTD. All rights reserved.